業務マニュアルの作り方、業務フローの書き方(サンプル・テンプレート@営業、経理、事務作業、WEB制作byエクセル)

« 2009年03月07日 |
『業務マニュアルの作り方、業務フローの書き方(サンプル・テンプレート@営業、経理、事務作業、WEB制作byエクセル)』サイトトップ
2009年03月13日 »

最新記事【2009年03月11日】

●業務フローの書き方を重視する意味
今、業務フローを作成する意味が高まっている
中心分野は「経理」と「内部統制」です。
業務フローの書き方を専門的に学んでいないと
よい業務フローは作成できません。

システム開発から人事、営業、企画などどんな
分野でも業務フローを作成する意味はあります。
しかし、上記の二つは、業務効率をよくすると
いうメリットのほかに、
「不正を防ぐ」という非常に重要な意味がある
ので、より強く重視されています。

システム開発から人事、営業、企画などどんな
分野でも不正が行われると業務効率が落ちて
それなりの損害があるものです。
業務怠慢や一生懸命無駄な業務をすることも
会社に大きな阻害を与えます。

しかし、「経理」と「内部統制」に関しては
法律により外部から裁かれるという、意味の
レベルが違う損害があります。
多くの機関からこの弱みを突いて脅されること
すらありえます。
そのために、「経理」と「内部統制」に関する
業務フローの作成は意味があるどころではなく
絶対に必要なものといえます。

業務フローを作成しないことが意味不明なのです。
業務フローの書き方を理解せず意味不明なもの
を作成するのももちろん問題です。
結局、意味不明な業務が蔓延することは変わりません。
わかりやすい書き方にこだわらないと業務フロー
がないのと同じような事態が生じます。
かえって曲解して間違った業務の方法に固執する
ことにつながることもありえます。

業務フローの書き方には徹底的にこだわる
意味があります。
特に、経理と内部統制の分野はしっかり作成しましょう。
社内での不正の温床にもなります。
社内での不正は会社全体がいやな雰囲気になります。
経営者にとっても精神的にとてもつらいものです。

業務マニュアルの作り方、業務フローの書き方(サンプル・テンプレート@営業、経理、事務作業、WEB制作byエクセル)

業務マニュアルの作り方、業務フローの書き方です。(サンプルやテンプレート@営業、経理、事務作業、WEB制作、決算、給与計算、人事、販売管理、システム開発byエクセル)


このページの上部へ↑
『業務マニュアルの作り方、業務フローの書き方(サンプル・テンプレート@営業、経理、事務作業、WEB制作byエクセル)』サイトトップ
最新情報
株式会社歯列矯正ベスマの沿革